保険のプロが無料で生命保険や医療保険の相談を承ります!

生命保険・医療保険のご相談を無料で承ります。

HOME

HOME

よくあるご質問

よくあるご質問

お客様の声

お客様の声

無料相談について

サイトマップ

TOP > ライフスタイル別保険設計 > 赤ちゃんのための保険

 <赤ちゃんのための保険>

  ●ライフスタイル別保険設計

    『赤ちゃんができた時のための保険ってあるの?』

    赤ちゃんができたということは、当然2人の時より生活にかかる様々な費用が増える、ということです。
    また、成長とともに教育費などの負担も増していきます。
    負担が増すということは、世帯主が死亡した時の遺族が経済的に困る度合いが増す、ということとなり、その分、必要保障額も増えるということになります。


現状の把握


    1.付き合いで会社で保険に加入した

    2.保険未加入


問題点


    1.『定期保険特約付き終身保険』。これらは日本人の60%〜70%が加入していると言われています。この「掛け捨て度合い」の高い商品は一度しっかり見直すことをおすすめします。
    2.大切な家族を守るために早急に判断した方がよいでしょう。


具体策


    ◇赤ちゃんのために長期的なライフプランの構築が大事。

    ◇すでに加入している保険に家族が増えた分の保険をプラス。

    ◇学費目的で、世帯主の保険に上乗せ。

    ◇世帯主の給与を補足する保険として、収入保障保険を増額。


子ども保険について


    子ども保険とは、『養老保険』などをアレンジして販売している場合がほとんどです。貯まる金額は100万円から200万円程度となります。

    ◇大学までの1人あたりの学費は、1200万円から1500万円かかるといわれています。「子ども保険」は大学入学に要する費用のプラスアルファ程度と考えるのが妥当でしょう。

    ◇学費準備については、世帯主の死亡保険でしっかり準備しておく必要もあります。

    「子ども保険」と一般的に言われる商品の中には、被保険者が『子供の場合』と『親の場合』があります。子供対象の保障だったり、親対象の保障だったりするので、注意が必要です。
    加入する目的、誰が対象なのか、どういったところを保険で補足するのか、十分整理することが大切です。


子ども保険の目的


    ◇学費

    子供の学費のため。満期金、解約返戻金を学費として考えるため、貯蓄性を考え利回りに注力します。

    ◇子供の病気やけが

    子供自身が被保険者となります。子供が就職した時点で子供自身で本格的な保険に加入することを前提とします。それまでの保険とした上で、共済等で安くおさえるのもひとつの考え方です。

    ◇世帯主が死亡した時

    世帯主自身の保険を強化することが得策です。

    ◇子供が死亡した時

    精神的なダメージを除けば、経済的に困ることはないでしょう。

  ライフスタイル別保健設計【人生のステージに合わせて保険を考えよう】

 
 
   
 

    保険アドバイザーズでは、あくまでも公正中立な立場で、
    無駄・無理のない保険設計のご提案を致します。

    保険アドバイザーズと提携している保険コンサルタントはいずれも経験豊富なベテラン揃い。

    お客様のライフスタイル、人生設計にあわせた保険設計のご提案が可能です。

    入力が面倒な方は、電話でのお申込みも受け付けております。


info@hokenadvisers.com

 

保険アドバイザーズの無料相談

無料相談の流れ無料相談 お申し込みフォームお客様の声||stop callについてサイトマップ

 

ご利用規約個人情報保護方針


Copyright(C) 2016 A&R・FPパートナーズ株式会社. All Rights Reserved.