保険のプロが無料で生命保険や医療保険の相談を承ります!

生命保険・医療保険のご相談を無料で承ります。

HOME

HOME

よくあるご質問

よくあるご質問

お客様の声

お客様の声

無料相談について

サイトマップ

 TOP > ライフスタイル別保険設計 > 働く女性のための保険

 <働く女性のための保険>

  ●ライフスタイル別保険設計

    『働く女性のための保険ってあるの?』

    女性が男性と同じ働き方をするのは、最近では当然のことで決してめずらしいことではありません。女性も男性と同じようにある程度の収入を得、経済的な負担もおっています。それでは、独身で働いている女性と共働きの女性とでは、保障の考え方は同じでいいのでしょうか?


独身の場合


    死亡保障については、現時点で養っている家族(両親など)がいないのであれば、自分の葬式代程度の保障で十分です。むしろ必要なのは『医療保障』です。一人暮らしでケガ病気で入院した場合、かかるのは医療費ばかりではありません。家賃や必要最低限の光熱費等、生活する上でのコストも考えなければいけないのです。しかも、入院中は仕事ができず、収入がゼロになる可能性もあります。最優先されるのは、ケガや病気のリスクに備えた『医療保障』となります。


結婚している場合


    まずは奥様の収入がどの程度生活費に充てられているのかが重要です。奥様の収入はすべて貯蓄に充てられまったく経済的な負担をおっていないのであれば、問題はありません。ただし、奥様の収入が生活費など相当なウェイトを占めているとすると、万一の場合、残された家族は経済的に困ることになります。ご主人にも同じことが言えますが、経済的に負担をしている家族がいなくなった場合のリスクを保険で補てんすることを重点に考えていけばいいのです。

    ・自分が万一死んだ場合に、残された家族に必要な死亡保障額は?
    ・自分がけが、病気の際、働けなくなった場合の所得保障額は?

    死亡保険、医療保険共に、しっかり検討が必要です。


女性のための保険


    女性には女性特有の病気が多くあります。また、男性にはない「妊娠」「出産」という大仕事も待っています。このようなことから、女性限定の「女性のための保険」という商品が多く販売されています。
    例えば、子宮がんや乳がん、出産時にかかる病気など、一般の医療保険より手厚い保障となっています。
    また、一定期間ごとに「ボーナス」が出る商品などもあります。これは保険料の一部が貯蓄型となっているということで、積み立てている分の保険料が高くなっているので、注意が必要です。

     

  ライフスタイル別保健設計【人生のステージに合わせて保険を考えよう】

 
 
   



    保険アドバイザーズでは、あくまでも公正中立な立場で、
    無駄・無理のない保険設計のご提案を致します。

    保険アドバイザーズと提携している保険コンサルタントはいずれも経験豊富なベテラン揃い。

    お客様のライフスタイル、人生設計にあわせた保険設計のご提案が可能です。

    入力が面倒な方は、電話でのお申込みも受け付けております。

info@hokenadvisers.com

 

 

保険アドバイザーズの無料相談

無料相談の流れ無料相談 お申し込みフォームお客様の声||stop callについてサイトマップ

 

ご利用規約個人情報保護方針


Copyright(C) 2016 A&R・FPパートナーズ株式会社. All Rights Reserved.